​団体概要

代表

​住所

お問い合わせ

宇野 俊輔

〒396-0305 長野県伊那市高遠町長藤5479-1

tel.0265-96-2207

mobile.090-4713-0984 (農作業で出られない場合)

LURAの会 代表

 私が農家になろうと決意し、準備を始めたのは2001年でした。ちょうどその年、日本では初めて狂牛病(BSE)が確認されました。そして翌年、その対策に対して牛肉偽装事件が発覚しました。その事件を知って、もちろん偽装が悪いのですが、何故か悲しくなりました。 そして現在も、私たちが生きていくうえで最も大切なものの一つである食べものが、身体によく、見た目も良く、安全で安心で、安く手軽に手に入り、すぐ手に入れたいという消費者からの要望に応えるべく、生産者側も競争に勝ち生き延びるためにしのぎを削っています。自分たちの欲望を満たしたいと思ってのことでしょうが、悲しくなります。  農家になるなら、何とかこの仕組みに対抗する方法はないのか。  最初は、少しでも作物を育てることを知ってもらおうと農業体験のようなことを行いました。みんな喜んで帰って行きましたが、この方法でかつて悲しいと感じた現在の仕組みに本当に抗うことが出来るのか悩む日々が続きました。そんなとき、哲学者の内山節さんの本に中で「半商品」という言葉に出会いました。そしてこの「半商品」という概念から、食べる人(消費者)と育てる人(生産者)が支え合うことで新しいしくみが出来るのではないかと気づき、「LURAの会」を立ち上げました。妻にも「そんなことが実現するはずはないじゃないの。」と手厳しい意見をもらいましたが、何カ所かで説明会を行い、賛同してくれる人が現れました。 そして、いよいよ「LURAの会」が動き始めました。2011年2月のことです。農家を志してから10年の月日が過ぎていました。

  • Black Facebook Icon